笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

神頼み作法 // 神さまでも難しい

神さまは何でも叶えてくれる。と、錯覚するから落胆するのではと思うのです。


神さまとひと言に言っても。。。
正邪上下数多いるわけで、どの神さまにご縁があるかにもよりますし、邪神の世界に所属する神であっても病気直しもすれば、人を導くようなこともします。


ただ、導かれるにしても、救われるにしても、縁を生じさせることになるので、その後の因果応報を考える慎重さがないと危険であり怖いものです。


ところで。。。
正神の世界に所属する神さまでも、人の因縁を無視して願望など求めに応じて願いの全てを叶えてくれるかと言えば、それはありません。


正神は、「むすび=因縁」をとても大切にされるので、そのむすびを勝手に変えることはあり得ませんし、許されていないのです。


詳細については省きますが。。。


中でも、神さまとてできないのは。。。
☆容姿を変えること
☆性格気質を変えること
☆因縁を変えること


だからこそ・・・


人間に、選択の自由を与えておられるのではと思うのです。


また他の願望についても、神さまが補助的に手を添えてくださるとしたら、それは人として為すべき努力以上のことをしていて「お前の努力根気には神も負けた」と感動させるくらい本気度が必要ではと思うのです。


普通に誰でもできるような我慢や多少の努力をしたくらいで、願いを叶えてくださるのであれば楽かもしれませんが、そんなわけには。。。


神さまどころか、周囲の人から認められるず逆に呆れられるようではあれば、神頼みする前に考えることが別にあるかと・・・


神頼みして、願いが叶わないと不平も漏らす前に、自らの行為を省みられるのも大切かと思うのです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。