笑顔と幸せな日々への『一歩』

長年に渡る占い師兼古神道施術師としての実践経験と専門知識に基づいた対処法などを織り交ぜながら書き綴っています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』

  を信条に、日々神恩に感謝し活動してます。

   あなたが今日も笑顔に導かれますように

  <自ら本気で求めているものに導かれる>
   =手にする しないは 本人次第=

運勢の底上げに...// 居心地の良い空間

価値観の違う人がいるのは当たり前的なことをよく書いているのですが 苦笑


周囲を眺めていると・・・


どう考えても、その感覚は少しずれ過ぎじゃない。と、思える人を見受けます。


で、当の本人はどう捉えているかと思って、よく話を聞いてみると。。。現状が辛いとか、厳しい状況とか、助かりたいと、ちゃんとまともな返事が返ってきます。


ならば普通、その状況から脱してより良い状況にと行動するのかと思いきや、なんと現状の中から抜け出そうとしないのです。


先日も、知人からそんな変わった人との付き合いについて相談を受け、貧乏が板についているねと笑ったのですが・・


不思議なことですが。。。
生活苦をはじめ、さまざまな苦しい状況下にあったとしても、その人にとってその状況が当たり前と認識したら、それが時間の経過とともに居心地の良い空間になってしまい。そこから抜け出すことすらできなくなってしまうのです。


恐いのは。。。脳が、これが一番居心地のよい状況だと認識してしまうと、たとえ本人が変わりたくてもなかなかそうはさせてくれません。


その内、スコトーマが掛かり改善できる方法を見聞きしても、見逃し聞き流してしまうのですから、それこそ類は類を呼ぶ世界で仲良しこよし倶楽部に編入されて益々抜け出せなくなるわけです。


よく言われる話ですが・・
同じように街中を歩いていても、年収300万円の人には300万円の儲ける方法しか認識できない。1000万円の人には1000万円の儲ける方法がみえる。一億の人には・・・


要は、自分の願望に対して、現在の立ち位置に疑問を感じ「おかしい」と感じなければ、エリアを覆っている壁の中で右往左往するだけなのです。


懸命に頑張っているのに、改善されてしあわわを実感できないとすれば、それは周囲の問題以前に自分の認識にあるのではと疑ってみることも大切ではと思うのです。


ご参考までに。。。