笑顔と幸せな日々への『一歩』

長年に渡る占い師兼古神道施術師としての実践経験と専門知識に基づいた対処法などを織り交ぜながら書き綴っています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』

  を信条に、日々神恩に感謝し活動してます。

   あなたが今日も笑顔に導かれますように

  <自ら本気で求めているものに導かれる>
   =手にする しないは 本人次第=

運勢の底上げに../ 変化をチャンスと捉える

運勢のターニングポイントでは、常に二者択一が求められます。


それは、どちらが正解とか間違いではなく、どちらを選ぶかを自ら決めるだけです。


そして、正解などないのです。


正誤があると思うから迷うのだと思います。



正誤があるとするなら、それは選んだ道を歩んでいった先で「自分はこんな結果を求めたんではない」と後悔した時に「誤った」と感じたときかもしれません。


結果は兎も角
普段から心の内で求め(呟いている言葉)続けていることを、脳は素直に受け取りそこへ誘い導いてくれるように手配を整えてくれます。


そして、選ぶチャンスの場面が現実に起こります。


そう『二者択一』が示されます。


そして脳は語り掛けているはずです。


「ご主人様、あなた様が求めた現実に向けて準備が整いました。
さあ、どうなさいますか?」


「変化を受け入れますか?
それとも、やめておきますか?」


そして。。
「そうそう大変お節介とは思いましたが、あなた様が殊の外強く思い続けておられたので、少し気を利かしてその方向へと流れを調整させていただきました。では、あしからず」


脳はとても親切です。


この変化が生じる際には、往々にして人よりもたらされる場合が多いのですが、その前に変化の予兆があります。


その変化を無視し続けると、強制的な変化現象が起こる場合もあります。


引き寄せの方法を使うのもいいのですが、普段無意識的に頻繁に使っている言葉や感情に左右された思いや言葉を、先ず意識に上げて精査しつつ変えてゆくことが先決かと思います。


それと、引き寄せは。。。
求めていることに対して、その方向に向けた『気づきのチャンスを与えてくれる』のであって、幸せを求めたから突然幸せな状況が起こるわけではないことを直視しておく必要はあるかと思います。


確かに、求めれば変化へのチャンスは間違いなく訪れます。


幸せになりたい


お金持ちになりたい


健康になりたい


でも、普段無意識的に「だけど・・」「でも・・」「無理だよね」「やれないよ」とか、或いは、不平不満に愚痴泣き言文句を心の内に響かせていれば・・・


脳はリアルに、本当はその状況が起こる現実を強く求めていると認識して動きます。


脳には冗談も本気も区別する能力もありませんので。強く求めていることを優先して現実化される世界へと誘ってくれます。


同じ現状でも心の捉え方が変わればおのずと選ぶ言葉も変わるはずです。


文句を思うか それとも ありがとうございます と感謝するか


笑顔の絶えない充実した日々を現実化させるか それとも不平不満の殺伐とした日々を現実化させるかは すべて選んだ道の先にあるものではないでしょうか


今日も笑顔でいい日 (^^♪