幸せな笑顔な日々へ『一歩』

尾道を拠点に術者として長年の実践経験を基に気づいたことなどを織り交ぜながら自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

人間関係に../ その一言が関係を壊す

普段とても仲良しで信頼関係も良好なはずだったのに・・・


その場の雰囲気に流されて言った「たった一言」が、今までの関係を崩壊させてしまうことってありますよね。


たとえ、それほど大した意味もなくつい口にした言葉であったとしても


中には、相手の状況を見るに見かねて口にした言葉が、相手の気持ちを逆なでする結果となり、売り言葉に買い言葉の応酬合戦に発展して・・・


つい心の内に思っていた『本音』がポロリ。。。


それこそ取り返しのつかない状況に発展になることなどもあります。


この状況は、親しければ親しいほどよく起こる場面ですね。


恋人関係の離別崩壊にはよく見かける場面です。


それは言わない方がよかったと思っても、感情の高ぶりに任せた言葉は言った言葉を二乗させてしまうほど強烈で発したら致命的です。


言われて嫌な言葉って。。。
一番本人が気にしている言葉に「=」しているので、親切心からであってもそこは我慢して言わない方が無難です。


それよりも、例えば相手に自然と気づいてもらえるような、本やドラマ、映画などを「これよかったよ 一度見て見る」って勧めてあげる方がよいかもしれませんね。


それでも気づかないとか、行動しない人は それこそ「言っても無駄」ですから、その他人のこれが価値観なんだと納得しましょう。


それでも言わないと我慢できないのであれば 「縁切り」覚悟で。。。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。