笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』

  日々の神恩に感謝しつつ、自分らしく自由で
  お気楽な生き方を追求しつつ、幸せな笑顔に
  導かれるためのヒントでもお伝えできればと
  思っています。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる >
   
   =手にする しないは 本人次第=

住空間を再確認 // 寝室の対策について

方位判断とは別の角度からみた寝室における対策判断について少し書いてみます。



◇寝室は広すぎても逆に狭すぎてもよくありません。
 平米にすれば10平米前後が理想です。


◇主人の寝室はリビングよりも小さい方が理想です。


◇寝室には必ず窓があること。また適度の明るさがあることが大切。
 ※窓がないとか、暗すぎる部屋は避ける。


◇寝室には、神棚や仏壇或いは神像や仏像など宗教関連のものは置かない。


◇寝室の壁に円形の図柄やそれに類するものは飾らない。


◇寝室内の配色は過激な配色は避け落ち着いた色にする。


◇寝床の上に梁等凸ものがない様にする。


◇寝床の上に電灯がないように配置する。


◇寝床の頭の位置の壁隣りがトイレにならないように注意。


◇寝た位置の頭に壁の角が向いていないように注意。


◇寝床が鏡に映らない様に注意する。或いは鏡に覆いを掛ける。


◇寝床位置が出入り口と対冲位置にならないように注意。
 或いは出入り口の直線上に頭がこないように注意。


◇戸建ての場合には、寝室の上階にトイレがない様に注意。


他にも幾つかありますが、上記のような状況にならない様注意なさってください。


特に、寝室は健康面に影響が出ますので、心身ともに癒され落ち着ける場所として余計なものを置かないのが理想です。


風水鑑定などをお受けして、必ずと言っていいほど寝室にテレビを置かれている方が多いのですが、個人的には置かない方がよいと思っております。


これは一つの別判断になりますが・・・
位置関係によっては運に良くない影響を及ぼしますし、それが身近にあれば影響力も侮れません。


それと、スマホなど携帯などを寝床の頭の側に置かれる方がいますが、あまり感心しません。運勢を安定させたいと思ってられる方は、睡眠を重要視されることをお勧めします。


それと、寝室で財運云々される方もおられるようですが・・・
基本的には健康面や運勢面です。財運を判断するのであればキッチン即ち台所です。


ご参考までに。。。