笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

神頼み作法 // 行動なき神頼み無し

精神的にとても辛い状況が続けば。。。


人は救われたくて、何かに縋ろうとするのは自然の流れかと思うのです。


ただ、のめり過ぎるのは危険だとも思います。


最近とあるライブ動画を観て、若い時に本気でのめり込んでいた社長の体験談的な話を聞いて驚くというよりは笑ってしまいました。


その方は運よく気づかれたようですが・・・


現代のように生きにくい世の中にあれば、啓発系やスピ系に惹かれるのは分かるのですが、やはりのめり込みすぎて本末転倒になるのは如何なものかと感じます。


正しい信仰心に即した神頼みをする際には条件があります。


それは・・・


それぞれの立場において『人事を尽くす』ということをちゃんとしていて、神さまにもご助力をお願いするというのが正則です。


為すべきことをせずに、ただ祈り願うとか、願えば奇跡が起こって物事が整うなどありえない話です。


引き寄せ等も否定はしませんが、その方面にちゃんと努力し続けているからチャンスが訪れるのであって、ただ自室にこもり努力もせずにただお題目を唱えるように唱えていれば願いが叶う。。


もしそんなことが起こるとすれば 魔の仕業です。


 『人事を尽くして天命を待つ』


とはいえ、生半可な努力で神様を感動させることは容易ではありません。


また、神さまとてできないこともあれば、なぜ努力も大してしていないのに上手くいくのか、あんな人がという方がなんで恵まれた生活ができるかについても、追々書いてみたいと思うのです。


今日も楽しく笑顔 (^^♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。