幸せな日々の実現の為に

日々の生活の中で気付き感じたことに対処法を織り交ぜ書き綴っています。

***********************

  ご訪問いただきありがとうございます

 日々無病息災で笑顔に導かれることを願われている方の
 お役に立つ情報や対処法などをお伝えできれば幸いです。

諦めず信じ続けて努力していれば、必ず奇跡の扉を開く
チャンスは『人との縁』により齎されるものです。

住空間を再確認 // 判断方位盤を重ねチェック

前回の図面例を基に、それぞれのベットの配置位置と机の配置位置がどの方位になるのかを確認してみましょう。




先ず、太極を合わせます。
次に、磁北を合わせます。
そして、今回の判断には基本方位盤の一番外の環となる「十二支方位」を使います。


すると。。。下記の図のようになります。



出入り口が「子」となり。。。
寝床は「卯」で、机は「午」となります。


で、この方位の相対関係から判断すると下記のようになります。


出入り口と机の関係が「対冲(七番目にある支の関係)」となりますから、悪い影響を受けると判断できます。


では、どのようなことが起こるかですが。。
衝突というイメージから、対立、喧嘩、争いということが起こり易く、また何事も思い通りに物事が運ばないと判断できます。
お子さんがこの位置で勉強をすると、思うように結果が出せないとか、家族(異姓立場の人)と対立や口論し易い傾向があるとも判断できます。


因みに、机の位置が仮にベットの位置であれば、心臓病に注意した方がよいとも判断できます。


では次に、ベットとの関係ですが・・・
自我が強く自己主張をしすぎて結果自らを傷つけるような行動を起こしやすい傾向が強いと判断できます。その為に、折角努力して積み上げたものをぶち壊したリ、図に乗り破滅行動をしてしまう危うさがあります。


特に、子・卯・午年生まれの人にとっては、とても強い影響を受けやすいと言えます。


今回は ここまでの判断にして、次回は簡単な対中判断のイメージ傾向について書いてみたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。