幸せな笑顔な日々へ『一歩』

尾道を拠点に術者として長年の実践経験を基に気づいたことなどを織り交ぜながら自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

人間関係に.../ 苦手な人はどこにでも

不思議なくらいにハラスメント系の苦手な人って現れます。


何処に逃げても・・・


また (>_<) なんで。。。


そこで思うのです。
これはどこかで縁を断ち切る=けじめをつけるしかない。と・・


言葉は少々大袈裟ですが (^^♪
要は自分の中で『克服』するしか方法はないのだと思うのです。


何処に行っても嫌な人や気の合わない人はいます。
それが職場や楽しみにしている集まりの場であれば、それだけで・・


そこで、まずは相手の性格や気質を冷静に観察して、なぜあのような言動をするのかを分析してみることです。


そうすると・・・
結構面白いことがわかってきます。


例えば。。
結構会社では威張っているけど家庭では寂しい人や孤独な人
子供の時にいじめに遭って辛い経験がある
小心者 劣等感が強い 見栄はり 嫉妬心が強い 等々


そんな人が権力や地位を得れば、当然感情のはけ口に弱い者いじめ服従させるような攻撃を与えてきます。


弱い者いじめをされる側はいいとばっちりです。


では どう対処するか。。。
※〇〇さんはそのように考えているようですが、私への評価は間違ってますよ。


⇒相手の後ろ姿に向けて「〇〇さん、ありがとうございます感謝します」


⇒なるほど、それは〇〇さんの価値基準ですね。
 私にとって〇〇さんは重要度の低い人ですから大丈夫です。


相手と同じ土俵に上がって、心の中で批評批判するのではなく、相手を肯定したうえで突き放せばいいのです。


意識しないほどに 馬耳東風という言葉がありますが 馬のように風を感じても耳を少し動かしてやり過ごすように無意識に反応できるようになれば。。。


相手の言葉や態度が気になるのは、意識に上があるからだと思うのです。
苦手だとか 嫌だなと 思っていると その通りになってくると・・・


少し長すぎましたね。
これについては また。。。


今日も楽しい笑顔で (^^♪ 
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。