報われるヒントの『処方箋』あれこれ

尾道の占い人が、日々思うに任せ報われるための対処法を織り交ぜ書き綴っています。

***********************

  ご訪問いただきありがとうございます

 日々無病息災で笑顔に導かれることを願われている方の
 お役に立つ情報や対処法などをお伝えできれば幸いです。

諦めず信じ続けて努力していれば、必ず奇跡の扉を開く
チャンスは『人との縁』により齎されるものです。

住空間を再確認 ❖ 年の節目前のチェックに

地域によっては数日ズレるようですが・・・


今日1月11日無事に鏡開きを迎えることができまして、早速神棚に祖霊舎そして台所の竈の神様と水神様にお供えしていたお重ねをお下げし、少し焼いてきな粉をまぶしていただきました。



正月にはほとんどお餅を食べていなかったので、気分も新たに美味しくいただきました。


それはさておき・・・


日時が時を刻むのは早いもので、立春まで三週間程度となりここらで風水判断の立場から方位活用に対して災難回避のために使用不可方位について書いてみたいと思うのです。


立春以降に下記の方位での、新築、増改築、移転に関する行為は基本的に見合わす方が賢明とされています。また、凶方位での付帯工事や道路工事などにも注意が必要とも言われており、中でも「年三殺・歳破・坐殺・向殺」は特に凶意が強いので変化や移動に繋がる行為は警戒すべきです。


◇年三殺方位 ⇒ 申・酉・戌


◇大歳方位 ⇒ 亥


◇歳破方位 ⇒ 巳


◇坐殺方位 ⇒ 庚・辛


◇向殺方位 ⇒ 甲・乙


◇浮天空亡 ⇒ 乾・甲


上記の方位の取り方は ↓(下記の方位図の外から二番目環の24山の方位です)を参考にしてください。


◇五黄方位 ⇒ 西南45度
 五黄に関しては「動き・変化」を忌方位なので、上記の判断とは少し意味合いが違うところがあるというのが、碧海流の見方です。


立春以降 西南45度に動くものを新たに行いしてください。例えば。。秒針が時を刻む時計、振り子のある柱時計、水を循環させる水槽、扇風機、風鈴、室外機などなど


それと、樹木があるのも忌み嫌いますが、新たに植えないようにご注意願います。


序に、お隣が西南で引っ越しがあるのも忌み嫌います。


無論対処法はあるわけですが、できるだけ忌み嫌う行為はしないようにご注意願います。


但し、西南方位が悪いわけではありませんので誤解のない様に。。。


◇流年刹 玄関の向きが西北向きであると警戒する必要があります。


ご参考までに。。。