笑顔と幸せな日々への『一歩』

長年に渡る占い師兼古神道施術師としての実践経験と専門知識に基づいた対処法などを織り交ぜながら書き綴っています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』

  を信条に、日々神恩に感謝し活動してます。

   あなたが今日も笑顔に導かれますように

  <自ら本気で求めているものに導かれる>
   =手にする しないは 本人次第=

運勢の改善に.../ 見る、聞く、話す そして。。

自己対話の影響力について前回少し触れましたが。。


私達が普段何気なく「見たり、聞いたり」したことや、無意識に使っている話す内容がそのまま脳に一時的に記憶されますが・・


殆どは数時間以内に消去される。と言われているものの、私はすこし懐疑的です。


それはともかく。。
長期に渡り癖になっている言葉の影響力はとても強く、現実にその言葉通りの状況がさも当たり前のように脳がそのような場面を用意提供してくれるというのですから怖い話です。


人から褒められても 否定する言葉を使っていれば 褒められない状況を・・
例えば。。
「君は素晴らしい いい腕を持っているね」
「いえいえ、そんなことありませんよ」


折角褒めてくれているんだから・・
素直に ありがとうございます。もっともっと精進して喜んでもらえるようになります。


と、感謝し喜べばいいと思うのです。


いくら謙虚さが。。 奥ゆかしさが。。と言われるにしても、それは別のところで使えばいいことであって、人から褒められたら『ありがとう』の一言を心掛けるだけで運に違いが出てくるのではないでしょうか。


感謝する言葉はひとを喜ばすのに十分なエネルギーを発揮するので、その言葉を意識的に使うことがよき運に導かれる近道ではと思うのです。


斎藤一人さんが伝えたように地獄行き言葉は止めて天国言葉をというのも、意識的に言葉を使うことで、身の回りの人たちが変わり、さらに多くの人達を変えるのに十分すぎる実践法だと思います。


お金をかけずによき方向へと導かれる方法。。何よりだと思うのです。
あとは。諳んじられるように実践するだけです。


愛してる ついてる 嬉しい 楽しい 感謝してます。
幸せありがとう 許します。。だったかな


天国言葉ではないけれど、自分なりの天国言葉を作ってみるのもいいと思います。


あ ありがとう
い いいよね
う うれしい
え 笑顔で
お お陰様で


なんていうのもいいかと・・・