報われるヒントの『処方箋』あれこれ

尾道の占い人が、日々思うに任せ報われるための対処法を織り交ぜ書き綴っています。

***********************

  ご訪問いただきありがとうございます

 日々無病息災で笑顔に導かれることを願われている方の
 お役に立つ情報や対処法などをお伝えできれば幸いです。

諦めず信じ続けて努力していれば、必ず奇跡の扉を開く
チャンスは『人との縁』により齎されるものです。

術者の気づき ❖ 節分には「恵方」を無視

初詣も松の内にと言われますが、早いもので明日はもう七日となり「七草がゆを食べる」ご家庭もおありかと・・・

ここらあたりで、一年の無病息災をあらたに祈念する意味でも胃腸を休ましてあげるのもよいかもしれませんね。

ところで無病息災と言えば。。。
神道的には『追儺災』に向けての申し込みや準備をと思い浮かぶのですが、世間一般的には節分祭や豆まきが行われる行事と言った方が分かりやすいかもしれませんね。


ここ一年の無病息災をと願われるのであれば、すこし気にかけて置かれるのもよろしいかと・・・


ただ、ここ数年全国的にも認知されるようになってきた恵方巻については、年の節目の終わりの日に、翌年の恵方〈立春以降の方位〉に向けて食べて何の意味があるのかとは思うのです。


恵方など気にせずに、普通にひとつのイベントと捉えて普通においしくいただくのがよろしいかと・・・


因みに、今年は立春の翌日2月の5日が旧正月朔日となり運勢が動き始め、そして今年の恵方は東北東ですが、お隣の東北の宮に年の暗剣殺が巡り二月には東北に五黄が巡ってきますので、わざわざ東北東の恵方取りに拘る必要はないかと思うのです。(;'∀')


だって。。数度違うだけで地雷を踏む可能性が高いのですから・・・


老婆心から申し上げれば。。今年は東北、西南方位への長期の移動移転或いは物件購入などは慎重になさった方がよろしいかと思うのです。


またこれらの方位への普請などや増改築リフォームも見合わせた方が無難かと、無病息災に一年を過ごすためにも。。。


五黄は新たな動きを忌み嫌います。


ご参考までに。。。