幸せな日々の実現に

日々の生活の中で気付き感じたことに対処法を織り交ぜ書き綴っています。

***********************

  ご訪問いただきありがとうございます

 日々無病息災で笑顔に導かれることを願われている方の
 お役に立つ情報や対処法などをお伝えできれば幸いです。

諦めず信じ続けて努力していれば、必ず奇跡の扉を開く
チャンスは『人との縁』により齎されるものです。

術者の気づき ☆ 予測対処の為のツール

諺に「馬鹿と鋏は使いよう」というのがありますが


占いなども使う人により、有益にもなり無益にもなるかと思うのです。


とは言え。。
占うにしても、何について占うのかの「目的」を明確にしていないと、占い師にいいように誤魔化されてほとんど役に立たない占い結果に満足している場合もあるようです。


相談に応じて占う占術はひとつのツールで、そのツールも相談内容により最も適したもの(占い師によっては最も利用価値のある万能ツールもあります)を選び、それを使うことにより、現状を踏まえての最も的確な判断結果をお伝えしているわけですが・・・


同じツールを扱うにしても扱う人間(占い師)により、優劣が生じることもありますし、また各分野で活躍されている職人のように、長年の知識や経験がものをいう熟練の技的な技能により、同じ事柄を同じツールで占っても鑑定結果に差があるのも事実です。


よく風水師という方達が、羅盤という専用磁石盤で現地において方位や気の流れ、周囲の環境との関係などを判断していますが、羅盤にはそうした判断が可能な知識が書きこまれています。


しかし、そのツールを本当に扱えるには、長い経験と深い知識を必要とされています。ただ単に風水師を気取るための権威付けのアイテムとして見せつける風水師の方も多いと聞きます。


私なんかは、正確なオイル磁石で十分だと思うのですが、最近はクライアントの方がよく知っておられて「羅盤で測量されないのですか?」と訊ねられるので、しぶしぶカバンの中に入れていくのですが・・・ 必要ないと思うのですけどね。


それは兎も角。。笑
人生を歩むうえで、或いは本当に悩んだ時に、占いを有効用いたいと思われるのであれば、何を知りたいのか、どうしたいのか、何を得たいのかなど、「占う目的」を明確にして、その求めている「答え或いは対処法」をちゃんと得ることが大切です。


性格だの 気質だの 占う事柄をズバリ当てられても、それは占う上での確認事項にすぎず、本来の目的とは違うので誤魔化されないことです。


鑑定結果と対処法の提案を伝えてもらって、その上で、その結果に対してどう対処するのかはご本人次第です。


ただ、占い結果は現状を起点としての予測であって、その後の行動如何で変えることは可能です。だから占う価値があるわけで。。


占い結果を絶対視し結果通りになると恐怖や不安を自ら煽るくらいなら、占わずにいた方がましです。ネガティブ思考の強い人は占いには近づかない方が無難なのです。