笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

運勢の底上げに ☆彡 知識過多は逆に

興味があるとか、関心があるものに対して知識を得ることはよいことと思うのです。


ただ、いくら興味あることとはいえ。。


「なぜ その知識を必要とするのか」を明確にせずに、無暗やたらと知識を増やすだけでは、単に物知り情報の量が増えるだけであまり役立つとは思えないのです。


知識は身につけて初めて本当の知識となりえるもので、頭で理解しているだけではあまり役立つと思えません。



それに得た知識を使わず情報として記憶しておくだけであれば、時間の経過とともに失われてしまい、自分に都合のよい曖昧な情報となって残るのがオチです。


もし、運勢の底上げ願われているのなら。。


まずは目標を明確にした上で、それを叶えるためには自分にとっていまどんな情報が必要なのかを冷静に考えた上で・・・


まずはこれだと思うものに白羽の矢を立てて、他は全部いったん手放しその白羽の矢を立てたものを徹底的に習得していくことではと思うのです。


あれもこれとも目新しいものに手を付けてばかりで、ひとつのものに一点集中して実践することをしなければ、いつまでたっても何年たっても何も変わらずに無駄に時間を消費することと情報通になって終わるだけです。

得た知識を徹底的に実践して体得する。

ひとつのものが体得できると、他のものを取捨選択する能力も開花され遠回りだと思えることが実は最短距離だったと気づくはずです。

もっといいものがある筈と妄想して探し回り人生を終えるか、それとも。。。


生涯の時間には限りがありますから・・・


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。