笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

病気平癒を祈り >> 心の癒やしに

病気による苦しみを施術者は想像できても、実際の痛みを感じることはできない。


だからこそ、苦しみや痛みから少しでも開放して上げたいと全力を尽くすのは、真っ当の医者が目の前の患者に真摯に向き合い助けたいという感覚と変わらない。


と、信じている。


少なくとも私の場合はそうした感覚で臨んでいる。


とは言え。。お医者さんと同じようにいくら手を尽くしても残念な結果に終わることもあれば、経過が思っていたほど改善しないこともあり、そんな時はやはり自分の力の限界を感じさせられ落ち込むことも正直ある。


それでも、縁あって神法術を授かり実践する立場であるからには、遣れることをやり続けなくてはいけないとも思っている。



いつまでも落ち込んでいるわけにはゆかない。


ただ、苦しむ痛みを和らげると同時に、心が癒されて生きる希望や生きていることの素晴らしさを感じてもらえればと強く思っている。


誰かと出会い なにかに触れ 感動し 


生まれてきてよかった と思い幸せを感じてもらえるなら嬉しく思う。



そんな感動を まだこれから長い人生を歩むべき闘病生活を送っている子供達に感じて欲しい。。。


今年も暑い夏が過ぎ 秋が到来し始めましたので、来年の夏までまた病気平癒の祈念を始めさせていただきたく思うのです。(今回からはお子さんを優先させていただきます。)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。