笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

尾道を感じて ※ お盆の終わりかな

昨日本屋からの帰りにスーパーに立ち寄ると、さすがお盆だけあって若干人の多さも感じたのですが・・・


再度、閉店一時間前にダイソーへ行った際に、序にぶらっと立ち寄ると。。。


普段は総菜もほとんどない状態なのに、結構残っていたのを見かけ今年のお盆もそろそろ幕引きなのかと感じたのです。



仏壇に手を合わせ お墓参りして 一定の行事も終え また通常の。。。


年々、仏壇に供える飾り菓子の多く売れ残っているのを見ると、お盆も先祖供養と言うよりも、単に大型連休としてとらえられ、その楽しみ方も多種多様になっているのかとも思ってしまう今日この頃です。


田舎に帰省するという感覚も失われてくれば、先祖とのつながりも希薄になってくるのかもしれません。


先祖だけではなく、子供たちが成長し実家から離れ別の街に居を移してしまうと、親子関係すら希薄になっていくような危うさもあるのかもしれません。


いつだったか、知り合いが中古の家を購入したので、その理由を尋ねると・・・


「子供たちが返ってくる場所がないと」と、言っていましたが、それを聞いて私よりもずっと若いのに何とも時代遅れの古い考えだなと感じたものです。


親の気持ちとしてはそうなのかもしれませんが、果たして子供たちは。。。


お盆の終わりとともに この猛暑もそろそろ沈静化して欲しいものです (;^_^A


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。