笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』

  日々の神恩に感謝しつつ、自分らしく自由で
  お気楽な生き方を追求しつつ、幸せな笑顔に
  導かれるためのヒントでもお伝えできればと
  思っています。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる >
   
   =手にする しないは 本人次第=

碧海の本音呟き ◇ あなたの支援者は誰

周囲からの評価を気にしていれば、当然自分よりも相手の基準に合わせるようになってしまう。


それでは、いつまで経っても他人を意識するスパイラルから抜け出せずに、常に相手の視線や評価を気にした行動を取ってしまうようになる。



自分の主張よりも、相手に気に入られる行為に・・・


ほとんどの人が、そのことに気づいていない。


他人は本当に気になる物には注目するが、普段はこちらが意識するほど他人は見ているようで見ていないのが真実のような気がする。


そんな人が本当に支援者となりえるだろうか?


本当の支援者は「自分自身」ではないのか


自分を一番良く理解し、常に応援してくれるのは他人の誰でもなく、自分自身であり強力な理解者であり支援者だ。


そのもう一人の自分が、自分を認め褒めてあげずして誰の評価に振り回されるというのだろう。