笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』

  日々の神恩に感謝しつつ、自分らしく自由で
  お気楽な生き方を追求しつつ、幸せな笑顔に
  導かれるためのヒントでもお伝えできればと
  思っています。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる >
   
   =手にする しないは 本人次第=

健康な笑顔に..// 違和感を感じたら

健康も、運勢も 似ているところがあり、変化が起こる前には。。


今までとは微妙になにかが違う『違和感』を感るものです。


この違和感を、前兆や兆候と捉えれば悪い出来事に限らず、よい方面への変化前のお知らせともいえるかもしれません。


そして、この違和感に対しては、多くの人が感じているはずです。


ただ、それをちゃんと受け止めて対処するかねそれとも様々な理由を付けて放置して後悔するかはご本人次第のようです。



特に、健康に関しては、折角のサインを見過ごす行為はとても危険なリスクを伴うものと感じています。


ここ数年、私の周囲でも兆候を甘く捉えた結果、我慢の限界を超えて病院に行ったときはすでに手遅れで一週間程度で亡くなったのが数名、急死したのが数名おり、こればかりは本当に本人次第だと感じます。


体調に兆候的な違和感を感じたら、素直に検診や診察をまずは受けてみる。


それで何もなければ一安心ですし、たとえ病気を見したとしても治療に専念すればもとの通りに健康を取り戻せる確率は相当に高いはずです。


また、診察の結果に納得できない上に、違和感が継続していれば自分の感性を信じて別の病院を受診してみるのも正しい選択だと思うのです。


前兆としての違和感を感じるのは、幸せを実感しつつ生きるためのサインなのかもしれませんしね。