幸せな笑顔な日々へ『一歩』

尾道を拠点に術者として長年の実践経験を基に気づいたことなどを織り交ぜながら自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

尾道を感じて..\\ 7/11に仮説入浴施設

とある施設の近くを通り過ぎる時に、水道局の車が消火栓のところに止まってホースを引いていたので、最初はその施設への給水かと思ったが・・・


ただ、施設に消火栓から給水?


それから一時間ほどして、次に通り過ぎるときに大型ローリー車のような車が止まっていたのでよく見ると自衛隊の給水車だと判った。

時間は夜の八時を過ぎており、尾道の市民の為にこんな遅くまで水の確保のために働いてくださっているのかとおもうと、思わず感謝せずにはおられない <m(__)m>


それにしても、明日の準備だろうかと思ったが。。。


自宅に帰り、ネットで尾道市からの緊急情報をチェックして分かった。


自衛隊による仮説入浴施設


本日7/11より自衛隊による仮説入浴施設が開設されていたのだった。なるほどその為の水の確保なのだろう。


本日は18~23時までとあり、お風呂に入ることができずにおられる方達に取ってはまさに極楽気分になれるはずで感謝感激されるに違いない。


自衛隊の皆さんに感謝 


この断水で、多くの尾道市民が飲料水の確保、トイレの不自由さ、そしてお風呂、洗濯などに苦労されておられると思う。


そして、私自身不思議な光景を幾度となく見させてもらっている。


ただ、固定観念は捨てていま必要なものを強く思い浮かべて「それを獲得している」と確信してみられてはと思う。


コンビニには全く水がないのに、とある場所には箱売りの水が沢山あったし、お茶もおにぎりも売れ余っていた。


こんなときだからこそ、自分のアンテナを信じて欲しいと思うのです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。