笑顔と幸せな日々への『一歩』

長年に渡る占い師兼古神道施術師としての実践経験と専門知識に基づいた対処法などを織り交ぜながら書き綴っています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』

  を信条に、日々神恩に感謝し活動してます。

   あなたが今日も笑顔に導かれますように

  <自ら本気で求めているものに導かれる>
   =手にする しないは 本人次第=

術者の気づき \\ 願望達成前に運は大丈夫?

いまはそれほど人気もなくなったのかもしれませんが。。
一時期は、開運法や占いに関連するものには「風水」という言葉がやたらと付いていたものです。笑


一昔前に人気を博した「西に黄色」の人気と売り上げが尋常でなかったのでしょう。


それにあやかろうと業界人が、もうひと花と仕掛けた結果だと思われます。


それはさておき。。
風水術を取り入れて運を好転させるにも根本的なところを誤ると効果は全く期待できないことがよくあります。


ではその根本的な部分とはなにか?


ひとつは 「大>小」 住居よりも外の環境が大切です。


もうひとつは 「起点=中心」 何について判断調整したいのかです。
例えば。。。
家運であれば 住居の中心と主人の位置から判断
お店であれば 管理者の位置とレジの位置から判断
会社であれば 事務所の位置と社長の位置から
街であれば。。。


では、多くの人が求める財運や異性運或いは健康運はどこかと言いますと・・・


基本は寝て居る位置から判断します。
寝室の中心ではありません。「寝て居る位置」です。





寝室の中心は、寝る場所を決める際の判断の時です。


これもとても大切です。


寝て居る位置が悪いと、ある時期に入るといろいろなトラブルに巻き込まれたり災難に遭いやすくなります。


うつ病や精神的なダメージを受けている場合も、その傾向があります。


それはまたの機会にお話するとして。。


開運を願う前に、何が大切なのかを確認しておくことが大切だと思うのです。風水に限らず・・・


今日も笑顔で (^^♪