笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

術者の気づき ◇ 嫉妬の邪念を祓い除ける

人の感情はとても複雑、どんな善人であっても・・・


ふとしたことがきっかけで、相手に嫉妬してそれが元となり相手を陥れたり、時には殺意すら感じる人もいます。


比較するという価値観を持ち続けるうちは、この嫉妬という感情から解放されることはないでしょう。


ところで、この嫉妬という感情のもう一つ厄介なのが・・・


その嫉みや恨みの気持ちが高まれば、その念を飛ばしてくることです。


この念が飛ばされてきても普通の人には分からないものですが、実はこの念を飛ばされ続けると、感情の起伏が激しくなったり、トラブルが頻発したり、時には病気に倒れることもあります。


時には、些細なことで感情的になり口論したり、攻撃的になります。


それほど人のマイナスエネルギーは凄まじいパワーを持つことがあるのです。


では、上記のような現象が起こった際にどう対処すべきかですが・・・

私どものように咒術を駆使する者は、幾つかある邪気祓いの中から1.2を選び出し邪気祓いと共に邪気が返しを修しますが、一般の方は、地元の神社でお祓いを受けるのが一番理に適っていると思います。


但し、願意は「災難除け」或いは「神恩感謝」がよいでしょう。

それと、無理にでも笑顔で過ごし、些細な出来事にも感謝の念をちゃんと言葉にすることです。


決して犯人探しをしないこと 誰かを知れば恨みの連鎖が始まり共倒れになってしまいますので。。。十分に注意してください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。