幸せな笑顔な日々へ『一歩』

尾道を拠点に術者として長年の実践経験を基に気づいたことなどを織り交ぜながら自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

人間関係に..// 平気で嘘をつける人

普通 已むに已まれず嘘をついてしまっても、後味の悪さから後ろめたさを感じるものですが。。


しかし、世の中には自分の思い通りに事を運ぶためや自分を正当化するためなら、平気で嘘や大法螺を吹ける人がいるものです。



その嘘や大法螺も、調べればすぐにバレるようなレベルの内容の嘘をもっともらしく語るので、聞いている本人たちはつい騙されるようです。


私が知る人間にも、このタイプの人間がいます。

最近、ふと思うことですが。。
なぜあんなにも堂々と嘘をもっともらしく語られるのかと不思議に思っていたのですが、彼らには嘘を言っている意識がないと感じたのです。

変な話ですが・・・
無意識のうちに自分とって都合のよい話に作り替えているのではと・・

普通常識からすると。。。そんな馬鹿なと思えますよね。
しかし、彼らと普通に会話をしていて、本人たちが語っていることを間違いだと反論すると、彼らはその瞬間に自分達が言っていることに間違いはないと、頑なに主張してきます。そして、寧ろ反論している側が間違っていることを強調し強固に認めさせようとしてくるのです。

自分達の間違いは絶対に認めようとしません。

嘘をついているからにしては、納得しかねる思考回路です。

で。。。こういう人達と親しくお付き合いするのはとても危険だと思うのです。
自分達に取って都合のよい嘘をつけるということは、二面性があるとも言え、自分の立場を守るためなら、人の良さを演じて情報収集をし一端気に入らなくなければ人を陥れることも平気でできるようです。

実際に、私が傍で見てきたこのタイプの人間はそうした傾向が強いようです。

では、どのように付き合うかですが・・
一定の距離を保ちながら、余計なことは漏らさず普通に付き合い、そして相手の話を鵜呑みにせず、話1/3程度に聞いてあげておくのが無難ではと思うのです。

見分け方ですが・・

第三者と話をしている会話を静かに聞いていると、自信満々に間違ったことをもっともらしくしゃべっているので分かります。

それと、とても自尊心が高いので嫉妬されない様に十分注意する必要があると感じます。

ご参考までに。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。