笑顔と幸せな日々への『一歩』

尾道を拠点に活動する法術家が、長年の実体験と知識を基に気づいたことを自由に書いています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』ということをしっかりと肝に銘じた上で。。。

  日々のご神恩に感謝しつつ、縁あって授かった神法術などによる病気平癒への補助対応にと。。

 自分らしく自由に気楽な生き方を大切にしつつ縁ある人々に「幸せな笑顔」に役立つ情報を発信 
 できればと書き綴っているブログです。^/^ 

 < 自ら本気で求めているものに導かれる > 不思議な摂理を信じることで奇跡の縁が訪れる
   
   =手にする しないは 本人次第=

術者の気づき \\ 護符・咒符の偽物に呆れる

もう2~3年ほど前になるかと思いますが。。。
某ブログでは、様々なアフリエイトが毎回手を変え品を変えて踊り狂っていた中に、神道狩衣を着した男性が神職然として護符作成といった画が当分続いていました。


金額も結構な価格だったように記憶しています。


本当に効果がある護符ならば、それも・・・


ただ、その類のもので本当に伝承されている護符を見かけたことがないので、単に人々の欲望に絡めたお金儲けの眉唾物だろうと思い忘れておりました。


ところが、それから年月が経ち偶然にもその人物が作成したものを見る機会があり、思わずやっぱりと笑ってしまいました。


その護符は恋愛成就の護符ということでしたが・・・


肝心なところが間違っていただけではなく、それは恋愛成就ではなく明らかに夫婦愛敬の偽物でした。 たとえ偽物とはいえ購入者を馬鹿にしたひどい話です。


護符やまじないの効果というのは、本当に必要に応じて所持した人が感じるもので、本当は、効果の有る無しや真偽を言っても意味がないのです。


ただ、いまの時代本当に護符を必要するのであれば、病気平癒に関連する符と もうひとつは対人関係の改善調整の符だと私は思っています。


あまりにも対人関係によるストレス被害が多すぎます。


対人関係がよくなれば恋愛運にも効果がでてくるのは自然の流れです。


それと、護符の取り扱いについて知ったかぶりで書いている嘘情報が多すぎます。


例えば。。基本護符には期限はありません。〈期限を定めて祈願したものや心願が成就した場合は別ですが・・・護符によっては年間に数体のみしか謹書が許されていないものもあります。〉


護符は一体のみというのも、護符によりけりで扱う符により違います。


置く場所は頭より上の位置とは限りません。護符にはそれぞれ対応内容により位置が変わります。子供の病や魔払いには足裏というものもあれば、足元に忍ばすとか、寝具の下というのもあります。


他にもありますが。。
兎に角、本当に必要に迫られたときの最終兵器くらいに思っておいて、普段は神社の見守りで十分だと思うのです。


これだけネットが密接に浸透してきていれば、護符のようなものに限らず、ますます様々な形で気を引こうとする場面に遭遇するようになるでしょうからお互いに気をつけたいものですね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。