笑顔と幸せな日々への『一歩』

長年に渡る占い師兼古神道施術師としての実践経験と専門知識に基づいた対処法などを織り交ぜながら書き綴っています。

***********************

 『お陰のあるのもお陰、お陰のないのもお陰』

  を信条に、日々神恩に感謝し活動してます。

   あなたが今日も笑顔に導かれますように

  <自ら本気で求めているものに導かれる>
   =手にする しないは 本人次第=

術者の気づき \\ 護符・咒符の偽物に呆れる

もう2~3年ほど前になるかと思いますが。。。
某ブログでは、様々なアフリエイトが毎回手を変え品を変えて踊り狂っていた中に、神道狩衣を着した男性が神職然として護符作成といった画が当分続いていました。


金額も結構な価格だったように記憶しています。


本当に効果がある護符ならば、それも・・・


ただ、その類のもので本当に伝承されている護符を見かけたことがないので、単に人々の欲望に絡めたお金儲けの眉唾物だろうと思い忘れておりました。


ところが、それから年月が経ち偶然にもその人物が作成したものを見る機会があり、思わずやっぱりと笑ってしまいました。


その護符は恋愛成就の護符ということでしたが・・・


肝心なところが間違っていただけではなく、それは恋愛成就ではなく明らかに夫婦愛敬の偽物でした。 たとえ偽物とはいえ購入者を馬鹿にしたひどい話です。


護符やまじないの効果というのは、本当に必要に応じて所持した人が感じるもので、本当は、効果の有る無しや真偽を言っても意味がないのです。


ただ、いまの時代本当に護符を必要するのであれば、病気平癒に関連する符と もうひとつは対人関係の改善調整の符だと私は思っています。


あまりにも対人関係によるストレス被害が多すぎます。


対人関係がよくなれば恋愛運にも効果がでてくるのは自然の流れです。


それと、護符の取り扱いについて知ったかぶりで書いている嘘情報が多すぎます。


例えば。。基本護符には期限はありません。〈期限を定めて祈願したものや心願が成就した場合は別ですが・・・護符によっては年間に数体のみしか謹書が許されていないものもあります。〉


護符は一体のみというのも、護符によりけりで扱う符により違います。


置く場所は頭より上の位置とは限りません。護符にはそれぞれ対応内容により位置が変わります。子供の病や魔払いには足裏というものもあれば、足元に忍ばすとか、寝具の下というのもあります。


他にもありますが。。
兎に角、本当に必要に迫られたときの最終兵器くらいに思っておいて、普段は神社の見守りで十分だと思うのです。


これだけネットが密接に浸透してきていれば、護符のようなものに限らず、ますます様々な形で気を引こうとする場面に遭遇するようになるでしょうからお互いに気をつけたいものですね。



昨日は端午の節句だったんだ 苦笑

昨晩深夜に気づいた。
今日って 端午の節句だったんだってことに  (>_<)


今年からはあまり行事にはこだわらないと決めていたとはいえ・・・


例年同様に柏餅やちまきを先祖様にお供えしていたに違いない。
如何に拘らなくなったとはいえ。。


先祖様も呆れているかも 苦笑


過ぎ去ったことを悔やんでも仕方ないので、今日お供えしょう。


そういえば・・・
私が子供の頃は、あちらこちらに鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいたものだけど、全くと言っていいほど見かけなくなりましたね。


時代なのでしょうかね。


それでも、自然はちゃんとその季節が訪れると 凛とした梅に、艶やかな櫻、心和ませてくれる藤 皐月 そして何れがアヤメに 燕子花・・・次から次と季節の移り変わりをおしえてくれるのでありがたいものです。


そういえば。。
もう少しするとアジサイの時期ですね。


https://www.pakutaso.com/


私が住む場所周辺も毎年多くの紫陽花が咲き乱れ、こんなにもいろいろな色があるんだと感心させられ、犬たちと散歩をするのが楽しくなります。


あの美しさの陰には愚直なまでの自然の力強さがあるのでしょうね。


だから無条件に人々を感動させ魅了するのでしょう 笑


あるがままに ただいつものように。。。


今日も笑顔で楽しい一日を (^^♪