幸せな日々の実現の為に

日々の生活の中で気付き感じたことに対処法を織り交ぜ書き綴っています。

***********************

  ご訪問いただきありがとうございます

 日々無病息災で笑顔に導かれることを願われている方の
 お役に立つ情報や対処法などをお伝えできれば幸いです。

諦めず信じ続けて努力していれば、必ず奇跡の扉を開く
チャンスは『人との縁』により齎されるものです。

碧海の本音呟き ◇ 方法論と人格は別もの

訴訟問題についての記事を読み。。。


双方の主張の真偽のほどは裁判が始まってある程度明らかにされるのかもしれませんが、その前にそこに至るまでの実際に関わっていたとされる関係者の動きなどを知って・・・


この人達も含め、やっぱりか と



どんなに素晴らしい効果のある方法論や技術を伝えていても、その方法論や技術は信用できても伝える人の人格保証はないというのが結局は正解なのではないかと


成功法則とか、引き寄せ法則とか、願いが叶う方法とか、投資で上手く設ける法則とか、さまざまな〇〇法則的なものが、人々の心を揺さぶり、至る所での講演やセミナーをはじめ動画にSNS、書籍などを通じての情報が溢れかえっており、とても人気のある有名な方もいれば一部の方達に熱烈に支持されている方達もおられるようです。


ただ、そうした方達やその信奉者から漏れ伝わる方法論や技術は参考になるものも少なくないも事実でしょうが・・・


問題は、それを伝えている人物と必ずしも「≒」ではないかも、という気持ちは常に持ち続け、伝える人達に心酔したり崇敬するようなことはしないように客観的立場を堅持しておくのが安全ではと思うのです。


人格的に問題があるとかないとかよりも、人の心の中には周囲の人にはなかなか窺い知れない部分が必ずあると思えば・・・


たとえ人物的に問題があると知っても、その方法論や技術まで否定することはないと思うのです。


そうすれば、あの人は好きじゃないけれど、でも方法は正しいから役立てようということになるかと、せっかく良いものを知ったのなら損しない人生を・・・

運勢の底上げに☆彡真面目より素直に

真面目なのも結構だけど、あまり几帳面過ぎるくらい真面目なのは逆に運勢を悪くするのではと思いませんか?


生真面目だと、知らず知らずの内に自分の価値で物事を判断してしまい、それが為にストレスになったり、不平不満の原因になつてしまい結果自分の運勢によくない影響を与えてしまう。


不平不満の恐さは何かというと・・・


心の内の自己対話です。


相手に向けて思い言っている言葉が、実は自分に言い聞かせている言葉に変換されていることに気づくべきです。


極端な例ですが。。。


嫌な奴だ
仕事ができないのに
居なくなればいいのに
上手くいくわけない
失敗すればいいのに
死ねばいいのに


それらの言葉は、自分が強く望んでいる言葉として脳は捉えているに違いありません。


だから、人の悪口なんてものも結局同じなのです。


悪ずれした素直さでは困りますが、ほどほどの真面目さと日々を楽しむつもりで素直に生きていくのが、実は運勢を良き方向に導いてくれる最短距離なのかもしれません。


感謝をする心根が実は素直に近いかも。。。


術者の気づき ☆ 悪縁切りの塩?

最近のネット上で公開されている、風水術の対策法なるものを見て「?」首を傾げてしまいました。


一体どこからそんな対策法を引っ張り出してきたのかとさえ思えるほどです。



風水の対策法は、それぞれにちゃんとした根拠や意味があるもので、ちゃんとまともな理論が解っていれば、対策物を観て。。。


「なるほど、これはこのパワーを増すためにこの置きものを選んだのか」
「これはあの刹のパワーを削ぐために設置したのか」


と、言った風にわかるものなのです。


今回必要があって見たわけですが・・・
紹介されている対策法の中には、明らかに間違っているモノや災難を避けるのではなくわざわざ災難を増す設置法を紹介しているものもあり、いくらアフリエイトで儲けたいとは言え間違っている情報が垂れ流されているのは怖いと思いました。


そんな中ひとつ気になったものが在ります。
それは「塩」です。


いつから塩が邪気祓いや悪縁切りができるアイテムになったかは知りませんが、塩で邪気祓いや悪縁切りはできないと思います。


そもそも塩についての説ですが・・・
お店の前によく盛り塩をしているのは、中国の由来が大きく関わっている気がします。そしてもう一つは、日本の神代の由来からです。


祓うという意味では後者の日本の神代の物語における大神が黄泉の国から帰還された際にその身の穢れを祓うために海に入り身の穢れを洗い清めたことに由来しており、それがいまでもご神事などの前に身の穢れを祓う行事があるわけです。


ですから、身の穢れを塩(塩に限らが海藻など海のもの)で祓い清めることはあっても、邪気を祓うとか ましてや悪縁を断つなどありえません。


但し、邪気を祓う忌みものに塩を加えることはあります。
この忌みものは、邪気の穢れを祓うためのもので、厳重なるご神事により謹修して作るものです。


それは兎も角。。。
一般公開されている対策法も何もわからずに信用して無暗に取り入れるのもよく考えた方がよいかもしれません。



本来風水術による対策を施す場合には、様々な確認事項や条件などがあるもので、日本ではそうしたことはあまりオープンになっていないようです。